2007年12月02日

免疫介在性溶血性貧血の治療費の続き

今回は退院後から現在までの治療費をまとめました。

2006/10/26   再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000

2006/10/30   再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥1750
         免疫抑制剤A  ¥3500
         ステロイド剤  ¥400
         食欲増進剤   ¥480
         胃薬      ¥1900
         整腸剤@    ¥2100
         整腸剤A    ¥1400

2006/11/06    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥1750
         免疫抑制剤A  ¥3500
         ステロイド剤  ¥400
         食欲増進剤   ¥400
         整腸剤@    ¥2100
         胃薬A     ¥620

2006/11/13    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥1750
         免疫抑制剤A  ¥1700
         食欲増進剤   ¥500
         胃薬A     ¥620
         整腸剤@    ¥2100
         
2006/11/20    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥3500
         免疫抑制剤A  ¥2100
         食欲増進剤   ¥650
         胃薬A     ¥860

2006/12/04    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         血液化学検査  ¥600×11
         血液ガス検査  ¥1500
         免疫抑制剤@  ¥3500
         胃薬A      ¥860

2006/12/18    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥1800
         胃薬A     ¥780

2006/12/30    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥1800
         胃薬A     ¥940

2007/01/15    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥5000
         免疫抑制剤A  ¥4300
         胃薬A     ¥1100
         
2007/02/03    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         血液化学検査  ¥600×11
         血液ガス検査  ¥1500
         食欲増進剤   ¥500
         免疫抑制剤@  ¥3250
         免疫抑制剤A  ¥3900
         胃薬A     ¥860

2007/02/16    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         血液化学検査  ¥600×3
         免疫抑制剤@  ¥3750
         免疫抑制剤A  ¥7500
         胃薬A     ¥940
         食欲増進剤   ¥700
 
2007/03/03    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥3500
         免疫抑制剤A  ¥7000
         胃薬A     ¥860
         食欲増進剤   ¥650

2007/03/17    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥5250
         免疫抑制剤A  ¥7700
         胃薬A     ¥1180
         食欲増進剤   ¥850

2007/04/07    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥4750
         免疫抑制剤A  ¥2700
         胃薬A     ¥1100
         食欲増進剤   ¥800

2007/04/26    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥7500
         免疫抑制剤A  ¥4500
         胃薬A     ¥1500
         食欲増進剤   ¥1050

2007/05/26    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         血液化学検査  ¥600×11
         血液ガス検査  ¥1500
         免疫抑制剤@  ¥7000
         免疫抑制剤A  ¥3000
         胃薬A     ¥1420
         食欲増進剤   ¥650

2007/06/22    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥7500
         胃薬A     ¥1500
         
2007/07/09    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥2350
         胃薬A     ¥940

2007/08/04    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         免疫抑制剤@  ¥850
         胃薬A     ¥1340

2007/08/30    再診料     ¥500
         一般血液検査  ¥3000
         血液化学検査  ¥600×10
         血液ガス検査  ¥1500
                    (免疫抑制剤の投薬終了)

        
2007/08/30から経過観察になりました。一般血液検査は毎月行い、3ヶ月に一度、血液化学検査・血液ガス検査を行っています。
薬がきれても半年〜1年は油断できないそうです。


         

ニックネーム rie at 11:47| Comment(6) | 免疫介在性溶血性貧血 血小板減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

免疫介在性溶血性貧血の治療費

免疫介在性溶血性貧血の治療費をまとめてみました。
参考までに...


本格的な検査・治療が始まったのは2006/10/06です。
そして現在は経過観察中です。

今回は入院中にかかった費用のみです。あまりにも項目が多かったのであせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)水頭症に関しての治療費は含まれていません。


ここでは細かく説明はいれません。診療項目・金額のみを書きますので、詳細を知りたい方は過去のブログを覗いてくださいね^^

2006/10/06  入院料        ¥2000
       一般血液検査     ¥3000 
       血液凝固検査-1    ¥3000
       血液凝固検査-2    ¥2500
       免疫検査-1      ¥6000
       免疫検査-2      ¥6000
       留置針処置 点滴処置 ¥0
       麻酔薬前処置 導入処置 麻酔薬注射処置  ¥0
       骨髄検査       ¥25000
       針吸引検査(FNA)    ¥4000 
       抗生剤注射処置    ¥1000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000
       胃粘膜保護剤注射処置 ¥1500

2006/10/07  ステロイド剤注射処置 ¥1000
       胃薬投薬処置     ¥500
       ステロイド剤投薬処置 ¥150
       ステロイド剤     ¥900 
       胃薬         ¥1100

2006/10/09  一般血液検査     ¥3000 
       血液化学検査     ¥600×2
       単純X線検査(2分割)  ¥4000×2
       腹部超音波検査    ¥4000
       持参胃薬投薬処置   ¥100
       ステロイド剤注射処置 ¥1000
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300
       入院料        ¥2000

2006/10/10  ステロイド剤注射処置 ¥1000×2
       一般血液検査     ¥3000
       血液凝固検査-1    ¥3000
       免疫抑制剤投薬処置  ¥100
       持参胃薬投薬処置   ¥100
       血液凝固検査-2    ¥2500
       留置針処置      ¥3000
       輸血検査       ¥20000
       抗ショック剤注射処置 ¥2000
       抗アレルギー薬注射処置¥1000
       入院料        ¥2000

2006/10/11  入院料        ¥2000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000×2
       抗生剤注射処置    ¥1000×2
       留置針処置      ¥3000
       一般血液検査     ¥3000
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300
       持参胃薬投薬処置   ¥100
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300

2006/10/12  入院料        ¥2000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000×2
       抗生剤注射処置    ¥1000×2
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       一般血液検査     ¥3000
       留置針処置      ¥3000
       持参胃薬投薬処置   ¥100

2006/10/13  入院料        ¥2000
       一般血液検査     ¥3000
       血液化学検査     ¥600×3
       ステロイド剤注射処置 ¥1000×2
       抗生剤注射処置    ¥1000×2
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       胃薬投薬処置     ¥500

2006/10/14  入院料        ¥2000
       抗生剤注射処置    ¥1000×2
       ステロイド剤注射処置 ¥1000×2
       一般血液検査     ¥3000
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       胃薬投薬処置     ¥500

2006/10/15  入院料        ¥2000
       抗生剤注射処置    ¥1000×2
       ステロイド剤注射処置 ¥1000×2
       一般血液検査     ¥3000
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       胃薬投薬処置     ¥500

2006/10/16  入院料        ¥2000
       抗生剤注射処置    ¥1000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000
       一般血液検査     ¥3000
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       便検査        ¥1500
       整腸剤-1投薬処置   ¥300
       整腸剤-2投薬処置   ¥200
      
2006/10/17  入院料        ¥2000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000
       一般血液検査     ¥3000
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       免疫抑制剤投薬処置-2 ¥350
       整腸剤-1投薬処置   ¥300
       整腸剤-2投薬処置   ¥200
       留置針処置      ¥3000
       免疫抑制剤点滴処置  ¥20000
       胃薬投薬処置     ¥500

2006/10/18  入院料        ¥2000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000
       一般血液検査     ¥3000
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       免疫抑制剤投薬処置-2 ¥350
       整腸剤-1投薬処置   ¥300
       整腸剤-2投薬処置   ¥200
       留置針処置      ¥3000
       胃薬投薬処置     ¥500

2006/10/19  入院料        ¥2000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000
       一般血液検査     ¥3000
       血液化学検査     ¥600×13
       血液ガス検査     ¥1500
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300
       免疫抑制剤投薬処置-2 ¥350
       整腸剤-1投薬処置   ¥300
       整腸剤-2投薬処置   ¥200
       胃薬注射処置     ¥1500×2
       点滴処置       ¥3500
       吐気止め持続点滴処置 ¥2000

2006/10/20  入院料        ¥2000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000
       胃薬注射処置     ¥1000×2
       点滴処置       ¥4000
       吐気止め持続点滴処置 ¥2000
       一般血液検査     ¥3000
       血液化学検査     ¥600×2
       血液ガス検査     ¥1500
       免疫抑制剤投薬処置-2 ¥350
       整腸剤-1投薬処置   ¥300
       整腸剤-2投薬処置   ¥200
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       食欲増進剤投薬処置  ¥125×2
       
2006/10/21  入院料        ¥2000
       ステロイド剤注射処置 ¥1000
       一般血液検査     ¥3000
       留置針処置      ¥3000
       胃薬注射処置     ¥1500×2
       免疫抑制剤投薬処置-2 ¥225×2
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       食欲増進剤投薬処置  ¥125×2
       吐気止め投薬処置   ¥115×2
       整腸剤-1投薬処置   ¥300
       整腸剤-2投薬処置   ¥200
       
2006/10/22  入院料        ¥2000
       胃薬注射処置     ¥1500×2
       一般血液検査     ¥3000  
       ステロイド剤投薬処置 ¥150
       免疫抑制剤投薬処置-2 ¥225×2
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300×2
       食欲増進剤投薬処置  ¥125×2
       吐気止め投薬処置   ¥115×2
       整腸剤-1投薬処置   ¥300
       整腸剤-2投薬処置   ¥200
       
2006/10/23  入院料(半日・退院)     ¥1000
       胃薬注射処置     ¥1500
       一般血液検査     ¥3000
       ステロイド剤投薬処置 ¥150
       免疫抑制剤投薬処置-2 ¥225
       免疫抑制剤投薬処置  ¥300
       食欲増進剤投薬処置  ¥125
       吐気止め投薬処置   ¥115
       整腸剤-1投薬処置   ¥300
       整腸剤-2投薬処置   ¥200


入院費合計(17日間) ¥300625
       
       以下、退院時処方されたお薬(1週間分)

       免疫抑制剤-1     ¥1750
       免疫抑制剤-2     ¥3500
       ステロイド剤     ¥500
       食欲増進剤      ¥500
       吐気止め薬      ¥540
       胃薬         ¥1900
       整腸剤-1       ¥2100 
       整腸剤-2       ¥1400
       

       
       

ニックネーム rie at 19:26| Comment(0) | 免疫介在性溶血性貧血 血小板減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

免疫介在性溶血性貧血やっつけた!?

りおに関しての嬉しいお知らせですわーい(嬉しい顔)

昨年10月から治療中の免疫介在性溶血性貧血がなんと完治しましたexclamation×2

やったよexclamationやったぁ〜exclamation×2

って、気が早いかもたらーっ(汗)

木曜日に病院へ行ってきたのですが、その時の血液検査で、なんとPCV45という数値がでたんですグッド(上向き矢印)正常値の中の正常値って感じでするんるん
なので、今月からは免疫抑制剤は飲みません手(チョキ)
これで数値が下がらなければホントのホントに完治ですGood

じゃあ、この前の食欲不振は...?
なに?

総合的な血液検査をしても、体温を測っても異常なしだし...。
りおの気まぐれか、水頭症の影響か...もしくは何か消化できないような物を食べてしまったのか...。
この中のどれかだろうとおもいます。
様子を見ていると、どうやら水頭症からの影響のようです。食事中に急に座り込んだりする事があったのと、もう今では食欲ももどり、ガツガツいっちゃってますからね顔(イヒヒ)
いつものりおにもどりましたるんるん

それにしても長かったぁ........

りおの場合は何の薬を使っても効き目はでずに、輸血で貧血状態を一時的になんとかくい止めて、その間に色んな薬を組み合わせて投与したのですが、助かる手段はコレで最後ってところで、なんとか効くお薬があって。

入院も2週間ほどしました。
入院中のりおに会うのはとても辛かったです。薬の副作用が酷く、食事もできないほど気持ち悪くなってしまい、全く動くことが出来ずにいました。首から上はヨダレでびっしょり。あまりのムカムカさにヨダレがかってにでてきてしまったのでしょう。

先生も言ってました。
「見ていると、とても辛そうでかわいそうになってしまいますよねぇ...。でももう少しで身体が慣れてきて食事も出来るようになるはずですからね。なんとかムカムカをとってあげようと、吐き気止め使ったりもしてるんですけどなかなか効果がないようで。かと言って免疫抑制剤をやめることはできないですしねぇ。」

結局2〜3日はこんな状態が続いてました。

その後は貧血の数値は徐々に上がり始め、それでも、上がったり下がったりの繰り返し...。その中にも時折水頭症の発作が起きたりで...バッド(下向き矢印)

そんなこんなを繰り返しながら今日まで11ヶ月。完治へと向かいました。
完治したかどうかはまた次回の血液検査をしなくちゃわからないんですけどねバッド(下向き矢印)
でもずっと不安な気持ちを抱きながら過ごしてきた私としては、ココまできたら喜んでもいいのではないかとおもっちゃいました顔(笑)

DSCF1094.jpg

もう病気になりませんように...

ニックネーム rie at 18:08| Comment(8) | 免疫介在性溶血性貧血 血小板減少症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

長〜〜いお付き合いになりそうですTT

今日は病院の日病院
PCV31でした。薬の種類を増やしたのにもかかわらず1%落ちてましたバッド(下向き矢印)

先生のお話では、すぐに治るコというのは、一度正常値に戻るとそこかで完治するどうです。今までのりおの経過、先生の経験上、りおは難知性で、慢性化のおそれが...もうやだ〜(悲しい顔)
退院後の目標は完治することでしたが、今の目標はとにかく現状維持です。これ以上下がらないように顔(え〜ん)
薬も、前回回復に向かった時と同じ薬を使っても、同様の効果が得られるかというとわからないようです。これは薬慣れや、やはり難知性ということからだそうです。

そして、今日も薬の追加です。りおの大嫌いなカプセルがく〜(落胆した顔)1日1回右2回になりました。

先生におそろしい事を聞いてしまいました顔(なに〜)
りおが一番最悪な時、PCV値が19右15になったあの状態が、5年前だったら、まず助からなかった...とのこと。
今飲んでいるお薬や、入院中に試していたお薬は最近開発されたものだそうです。ゾッがく〜(落胆した顔)としてしまいました。
ということは、りおの状況は重症だということなんですよねバッド(下向き矢印)
次回の病院は3月3日ひな祭りの日〜。


DSCF0533.jpg
上珍しい写真ですexclamationめったにペロペロしないのに、今日はしてくれました揺れるハート
下こちらもその写真るんるん
DSCF0530.jpg


DSCF0528.jpg
上こちらはかりん黒ハート一体何をみているの?

2006年10月31日

やったね!りお!!

PCV34になりましたClap

「回復の兆しがみえてきましたねわーい(嬉しい顔)
って先生に言われましたるんるん
典型的ではなく、非典型的なので、まだまだ油断はできないみたいだけどもうやだ〜(悲しい顔)
それでも前にくらべれば...ねぇexclamation&question
貧血が良くなってきたおかげで、りおは元気元気犬(笑)
ここ1ヶ月ぐらいは、調子が悪くて吠えたりできなかったんだけど、ちゃんと吠えることもできるようになりましたexclamation×2
ただ、トイレがわからなくなってしまったようで、どこでもやられてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)サークルの中でならちゃんとトイレがわかるんだけど...。半端じゃない回数で参ってます顔(え〜ん)これは水頭症の影響かな??また思い出してくれればいいんだけど

2006年10月29日

経過は順調で〜す♪

26日に病院へ行ってきました。

だいぶ日にちが経ってしまったのですがあせあせ(飛び散る汗)PCVが28に上がりましたexclamation×2くすりが効いてきたようでするんるん

でも、もう少しポンポンっと上がってきてくれないと安心はできないようです顔(汗)
それでも私にしてみれば嬉しくて嬉しくてわーい(嬉しい顔)
ただその日の前日、また発作が...。
その事を話したら
「りおちゃんの場合わかりにくいですが、長い間入院をしていて、やっとお家に帰れたから嬉しくてハイグッド(上向き矢印)になってしまったのかもしれませんねぇ。」
嬉しく思うことでさえも発作につながってしまうなんて...ともおもいましたが、その反面嬉しくもおかしくもおもってしまいました顔(笑)
そんな話をしながら、先生も私も久しぶりに笑いながらの会話ができました。最近は先生も深刻な表情、私もどんより...だったので。

明日も犬(笑)病院です。またイイ結果でありますように犬(足)

2006年10月24日

りお退院!!

待ちに待った退院ですexclamation×2

昨日家に帰ってきました。お帰り〜りおわーい(嬉しい顔)

まだまだ何とも言えないのですが、どこかで踏ん切りつけないと、いつまでも退院できないので、退院させることになりました。
回復傾向に向かうかもしれないし、急変するかもしれないし...
私としてはコワイのだけれど、りおだっていつまでも入院してるのは嫌なはず顔(え〜ん)だから決断しましたGood

先生は今のりおの病気の状態を難治症といっていました。字の通り、何を使ってどうなる...とか予想が全くつかないみたいです。
たしかにPCVの数値をみていると、毎日上がったり上下がったり下の繰り返し。薬の効果が出始めると、ドンドン数値が上がり、回復傾向にへと向かうのが一般的。でもりおの場合はそうはいかないタイプのようです。

ちなみに昨日はPCV24
正常値は40〜55。
15をきると輸血が必要。
20をきると入院しながらの治療。
24ってかなり微妙なとこですよねぇ顔(汗)

もちろん薬くすりを飲まなくちゃいけなくて、その量が半端じゃないexclamation錠剤6種類・粉薬2種類・シロップ1種類+水頭症の薬2種類exclamation×2副作用に対する吐き気止めや、整腸剤
、胃薬、食欲増進剤なんかもあるからこれだけの数になってしまうのだけど...。飲ませるのに大変顔(汗)
柔らかめのおやつに、なるべくコンパクトのなるよう一粒ずつ包んで、食べ終わるまで待つふらふら
そして病院へは、しばらく3日に1度のペースで通院。こまめに採血をしなくてはいけないので。片道車(セダン)40分。子供を実家に預けてから病院へ。もう少し近ければもうやだ〜(悲しい顔)

2006年10月20日

副作用。つらいよね...

りおの様子はというと、昨日面会してきたのですが、飲み薬ではどれも効果がなく、点滴注射でいれるお薬をつかいました。
1発勝負のお薬です。免疫異常をおこしているため、それを一時的にとめるものです。免疫抑制剤。
今まで飲んでいたお薬も免疫抑制剤なのですが、それよりも効果が期待できるそうです。
ただ何度も使えないお薬なようです。

その効果が持続している間に、また今までとは違う飲み薬くすりを飲んで、治療していくのですが、副作用がひどく、全く食事がとれなくなってしまいました。
胃がムカムカしてしまうらしいです。
でも、あの感じだとムカムカどころではないかな。顔中よだれだらけで、グッタリ。首から上はお水をかぶったような状態です。
先生も
「無理強いして食べさせるのはかわいそうだから、ムカムカをとる注射をしてあげて、様子をみながら食べさせていくようにします」
と言っていました。
今は、副作用よりも水頭症よりも何よりも、とにかくこの病気の治療が優先。
かわいそうだけど、りおがんばってexclamation×2

2006年10月13日

検査結果がでました

今日病院へ行ってきました。

先生に会うと、深刻な表情でお話が始まりました。
「昨夜検査結果が届きました。」
診断書をみると、
非典型的免疫介在性溶血性貧血
と書かれていました。
血液のもと血小板はいっぱい作られてはいるけど、その血小板が作られても次から次へと壊されてしまう。そのために貧血状態となってしまうようです。

治療法は飲薬くすり、注射注射、脾臓摘出手術。
8割はこの中の治療法で治るみたいだけど、2割はどれも効果がなく助からない...。もちろん8割のなかの1頭でいてほしいし、そうだとおもっているけど、余計なことを考えちゃって...
まだしばらくは入院しながらの治療です。
入院中はいくつかの薬を組み合わせて、どれがりおに効果的なのかを調べながら治療していくそうです。
りおの体にあうお薬が早く見つかります様に

2006年10月10日

りお入院...

昨日からりおが入院もうやだ〜(悲しい顔)
2週間ぐらい前から貧血の数値がでていて、これ以上下がるようだと入院して治療していくよう...といった話だったのですが、昨日血液検査したらPCV(ヘマトクリット)23右19にまで下がってしまい即入院。

様子を聞くため病院に電話をいれると、
貧血の数値が15まで下がってしまったので、輸血を開始することにしました。」
とのこと。

現在は骨髄検査の結果待ち。おそらく13日にわかるはず。
それまでは、輸血でこれ以上数値が下がらないようになんとかこの状況を乗り切るexclamation


水頭症で体調崩すのは常に覚悟はしていたけど、ほかの病気でこんなことになるなんて...。
かなりショックですバッド(下向き矢印)
明日は面会。本当は連れて帰りたいけどそうもいかないね。