2006年11月15日

りおの経過

05.04.29  初めての痙攣発作。倒れて全身の痙攣。30秒ぐらいだったかなぁ。すぐ治まるような軽い発作。
ジアゼパム0.5mgを1日3回服用
 
05.07.29  ここまでは月に1度のペースで軽い発作がありました。

05.01.   1ヶ月間に3回の発作。発作の回数が増えたため、薬の量を増やす。
ジアゼパム0.5mg右1mg

06.02.13   痙攣重積状態流延
ジアゼパム1mg iv ×3回 発作治まらず
フェノビタール 10mg im 痙攣消失。傾眠状態
以後フェノビタール3mg/hedd 1日3回服用

この日は朝4時頃から頻繁に発作が始まりました。8時頃まで何回か(私もパニック状態で詳しく覚えていません)発作があり、それからは止まらなくなってしまいまいた。急いでかかりつけの獣医さんに電話をして病院へ向かいました。

この時はまだ原因がわかりませんでした。
そこの先生は「詳しくはCTとかで詳しく調べないとわからないんですよ。原因が何かわからず痙攣を起こすことを癲癇と言っていますけど...」
私も癲癇だとおもっていました。でも、この発作をみてから「これはただの癲癇ではないのでは?」とおもい始めました。
そこの病院では詳しく調べることができないので、ネットで色々探しました。すると...発見exclamationCTがあり24時間対応の病院exclamation×2場所もそこまで遠くもないしわーい(嬉しい顔)電話をするととても感じも良く「詳しくお話をきかせてもらって、ワンちゃんの状態をみせていただけますか?」とのこと。

そしてCTを撮ることにexclamation結果は水頭症

「脳脊髄液が通常のコの4倍量...決して軽い状態ではないです。りおちゃんの場合は進行性なので完治はできないとおもっていた方がいいです。水頭症自体、残念なことに今の獣医学では完治できるものではないんですね。人間の場合でもそうなんです。でも、それをお薬で遅らせてあげることはできます。これからは治すというよりも、いかにりおちゃんの病気の進行を遅らせてあげられるか、現状を維持できるか、ということになります。」

治らないなんて...そんな...とおもいました。とてもショックでした。でも、痙攣の根本的な原因がわかって、りおにあったお薬が飲ませられるようになって良かったです。

今は抗てんかん薬脳圧降下剤を飲んでいます。時々発作は起こります。

2度目のCTも撮り、病状が進行している事も最近わかりました。でも、私はクヨクヨなんかしていませんGood
まだまだりおの一生は続くのです。いつまでもクヨクヨなんかしてたらやっていけませんexclamation×2



 
ニックネーム rie at 16:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 水頭症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわぁ(*^_^*)
りおちゃん、値が上がったり下がったりまだまだ油断できないんですね(>_<)

りおちゃんは何歳の時に水頭症だと分かったんですか??
我が家のぷるの場合は、3ヶ月位の時から食欲があまりなくて、心配で病院に連れて行ったら水頭症の疑いがあるとの事で他の病院でCTを撮ってもらったんです(>_<)
私、ぷると出逢った頃はトリマーをしていて知識はあったんですけど、心配していた通り水頭症でした。
正直、落ち込みました・・・。でも、立ち直りが早く前向きな性格なのですぐに復帰!ぷるの短い人生を楽しい物にしよう♪って考えて(*^_^*)
りおちゃん、かりんちゃんが来て元気になりませんでしたか??
ぷるが水頭症だと分かってから周りには反対されたんですけど華妃を家に迎えたんです。そしたら、ご飯を取られたくないもんだから、モグモグ食べて!(^^)!
華妃には、とっても救われたんです♪
Posted by ぷるママ at 2006年11月15日 21:19
こんにちわ〜ぷるママさん♪
 
1/31で6歳になるんですけど、痙攣が出始めたのは、去年の4月です(>_<)だから、発覚してからまだ1年半ぐらいしか経ってないんですよぉ。
でも、考えてみると「アレも水頭症からきてたのかなぁ」とかおもうことがあります。
たとえば、興奮しやすくて興奮すると吠えまくる!あと、寒くもないのに小刻みに震える...。おそらく関連があるんでしょうね。

かりんはパワフルすぎて、りおにはちょっと迷惑そうです(u_u;)でも、いないと物足りなさそうな感じです。
かりんが来てしばらくは、りお、自分の部屋からでてこなかったんですよ!いや〜な顔してたの覚えてます。1人じゃかわいそう...とおもってかりんを迎えたのですが、そんなりおの姿をみて、「もしかして失敗?!」なんておもってしまいました(>_<)

私がかりんに元気をもらっているかも!若いのもあるけれど、今のところ病気もせずに、ひたすら遊びまわっているかりんをみていると、思わずニコニコしてしまいます。「頑張らなくては!」って。

ぷるくんは大家族ですよね!!興奮したりするのは良くないっていうけれど、そんなことばかり気にしていたら、このコ達の楽しみなくなってしまいますよね。
先生にも言われました。「発作が起こるからといって、楽しいことさえもできなくなったら、何のために生きているのか...」って。
Posted by rie at 2006年11月16日 11:18
そうですよね〜§^。^§
私も先生に「病気だからといって縛りつけなくてもいいよ。何でも、ダメダメ!だとぷる君も楽しくないしね」って・・・
私も理想としては★自由にのびのびワンコらしく★なので結構、自由に遊ばせてます。 
りおちゃんもぷるも他の子よりも命が短い分、中身の詰まった一生にさせてあげたいですね♪
Posted by ぷるママ at 2006年11月17日 13:10
ホントそうですよね!!同感です(*^_^*)
最近、りおの意思表示がハッキリしていて、何でだろう?とおもっていたら、貧血の治療で飲んでいたステロイドが脳に効果を発揮していたようです!(脳の炎症を抑えるそうです)貧血にはまったく効果なかったんですけどね(^_^;)
だから、一緒に寝たい時とかカリカリ前足で引っ掻いてきたり、撫でてほしくてカリカリしたり♪前は当たり前にやっていた事だったけど、最近はそんな事もしなくなっていたから嬉しくて嬉しくて♪
Posted by rie at 2006年11月20日 17:31
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/579074
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック