2009年06月08日

治療費

さぁさぁ、りおがひと段落したところで...

胆石症の治療費についてお話しましょう。

そもそも始まりは、痙攣発作が2日続き、私もパートが忙しく1日家を空けてしまうことが多かったので、心配で、病院で何日か様子を見てもらおうと入院させたのが事の始まりでした。

発作も落ち着き、連れて帰れるとのことで病院へ行ったのですが、発作の引き金は別にある...とのことで、それを調べるためにそのまま入院は続行。
胆石症だということが確定し、手術を決めるまでの間、入院・治療・検査代約10万円でした。
一週間入院してたかな??

手術〜退院までは二週間。
内金として30万いれました。
内8万円は手術代です。胆嚢摘出手術。

超えなければいいなぁ。。。
色んなことにドキドキしながら過ごした二週間あせあせ(飛び散る汗)
いくら保険に入っていたって、突然これだけの出費はかなり厳しいです。
我が家ではちょうど、車を買ったばかりで^^;
値引いた分全部病院で消えましたもうやだ〜(悲しい顔)

超えなければ...と願っていたのが先生に伝わったのかexclamation&question
最終的に20%割引をしていただき、32万円で済みました。。。
先生、いつもいつもありがとうございます。
なるべく30を超えないように、早い段階で薬も飲み薬にしてくれたりしていました。
ご飯をまったく食べなかった日が術後3〜4日あって、食べ始めても舐める程度っていうのが2〜3日。
この時は即効性のある注射で薬をいれていました。
この時はとにかく肝臓の酵素を下げる事が第一でしたからねぇ。

退院時は肝臓の酵素なんて19000でしたから。
先生としてはまだ病院で見ていたほうが...と思っていたんだと思います。
ただこのまま入院を続ければ、金額的にもかなりの額です。
私が頑張れば家での治療も可能ということで、一時退院みたいなかたちになりました。
で、先週、退院して約2週間。血液検査をしてきました!
肝臓の酵素は2500前後にまで下がっていました^^
全然普通ではない状態なんですけどね^^;
それだって、これだけ下がったんですからね〜♪
胆管も詰まることなくキレイに毒素を排出してくれているようで、胆嚢の
数値もあとちょこっとで、正常値です。
炎症の数値も白血球の数値も正常値になりました。
手術時に大量の出血があったのですが、アレルギー反応を起こすとりおには致命的ということで、輸血をせずにやったのですが、手術で失った大量の血も十分に造血されました^^
体重はというと、あんなにexclamation&questionムチムチしているのにまだもどっていませんでした。

「あれだけ食べれずにいたわけですし、体力の消耗はかなり激しかったはずです。食欲が戻ったのなら、もう少し量を増やしてあげても問題はないでしょう。ただexclamation×2間違っても子犬用などあげないでくださいねあせあせ(飛び散る汗)高カロリー食は肝臓に負担をかけますから」

と、先生。
もっとあげていいんだぁ〜♪
ドンドン食べなねぇ〜〜〜exclamation&questionりおちゃん顔(イヒヒ)
食べてくれるのが嬉しくて、おやつなんかあげたりなんかもしている私^^
あげすぎないようにしなくてはたらーっ(汗)


話はそれましたが、30〜40万円は手術〜退院でかかりましたねぇ。
りおは身体が小さいからこの料金だけど、身体が大きくなればなるだけ医療費は高くなります。
参考までに。。。



ニックネーム rie at 13:14| Comment(2) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動くりおちゃん、見れちゃった^^
すごく嬉しいねえ。。。

それにしても、動物の医療費、もう少し安くなってくれるといいのにねぇ・・・
うちは誰も保険に入ってないから、何かあったら大変なんだろうなぁ・・・とたまに考えどきどきしちゃうよ^^;
でもこの間ニュースで、ワンコも抗がん剤が出来た・・・なんていってて、着実に医療は進歩しているんだよね。
だからりおちゃんはまだまだこれからね^^
Posted by みい at 2009年06月09日 23:17
みぃさんへ

おはようございます^^

動いてる...といっても、りおだと傍から見れば意味のわからない動きですよね^^;
いつもあんな感じです^^
早歩きになったり〜ゆ〜っくりだったり〜
そうそう!
しぶごえ行く時、りおも行くかもです♪
と〜っても体調がいいので^^
ワンコ用の美味しいディナーがあるんですけど、かわいそうな事にりおは食べれないバッド(下向き矢印)
お肉噛めないんだもんもうやだ〜(悲しい顔)
どうせ、かりんが残すからそれをちょこっとあげてみようかと思ってます顔(イヒヒ)

抗がん剤!
りおの先生って腫瘍科認定医なんですよぉ!
分野としては癌の治療が大得意!?
で、先生は認可せれる前から抗がん剤使ってるって話です。
免疫のお薬にしても、りおに飲ませていたのは認可されていなかったんですけど、効果はかなり期待できるって事で飲ませていました。
いや〜長生きしますよ〜顔(イヒヒ)

Posted by rie at 2009年06月10日 09:39