2009年05月10日

りおとの面会

術後初めての面会です。
不安な反面、やっと会えるという嬉しい気持ちで入院している部屋へと向かいました。


たった一日だけど、やっと会えました。
りおは静かに寝ていました。

『りお…』

と、声をかけると、目を開けて瞬きをしてくれました。
私の声に反応したということは、麻酔からちゃんと醒めたということ。

もしかしたら、麻酔から目覚めない可能性もあると聞いていたので、一安心でした。

手術中は、大量の出血もなく輸血等はしないで済んだそうです。
手術事態はかなり順調に進んでいたようですね。

麻酔の醒めも思いの外はやかったようで、先生もホッとした様子。
傷口は意外に大きかったかな。
私の小指の長さぐらいでした。

時々、小さな声で鳴いていました。
若干痛みがあるのか、苦しいのか…
もしくは麻酔による脳へのダメージで神経症状がでているのか…
その辺はハッキリとはしません。

明日、お水を飲ませて吐かなければ、ちょっとずつ食事開始のようです。

りおの食べている姿を見るのが待ち遠しいです!

明日また、りおに会いに行ってきます。

ニックネーム rie at 23:13| Comment(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント