2009年03月19日

皮膚生検の日

今日はりおの検査日でした。
本当は今日の朝一で病院へ連れていくはずだったのですが、パートの研修のようなものがあり、遠出するようだったので、昨日の夕方病院へ連れていきました。

何度も念を押して、薬はご飯に混ぜて、顔周りは触らないようにお願いしてきました。
目薬も、瞼をあげてやるというよりは、右側から頭皮を持ち上げるようにやってください…と。
とにかくりおへの色々な負担が軽減されるように…と、私がやっていた事を伝えてきました。

検査は14時頃に終わると聞いていたので、16時に病院へ電話。
様子をきくと、いつも病院では寝ているので、麻酔のきれがいいのか悪いのかは判断がつきにくかったみたいです。
ただ、寝ている姿はいつもりおが泊まっている時と劇的な?!変化はないので大丈夫だろうとの事でした。
皮膚は通常なら、切ったとこら、もしくはくり抜いたところは縫うらしいのですが、耳は皮膚がとても薄いため、縫ってしまうと皮膚がつれて痛がる可能性が高いという事で、自然に傷口がふさがるのを待つみたいです。
なので、多少出血があるようです。
りおに何かをするというのは、先生も気が気ではないようで、その出血にしても、麻酔やら何やらをしてりおに何か起きた場合のことを考えて、お迎えは明日の方がいいと言うので、明日迎えに行ってきます。

傷口がうまないかがとても心配です。

ニックネーム rie at 23:37| Comment(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする