2006年10月13日

検査結果がでました

今日病院へ行ってきました。

先生に会うと、深刻な表情でお話が始まりました。
「昨夜検査結果が届きました。」
診断書をみると、
非典型的免疫介在性溶血性貧血
と書かれていました。
血液のもと血小板はいっぱい作られてはいるけど、その血小板が作られても次から次へと壊されてしまう。そのために貧血状態となってしまうようです。

治療法は飲薬くすり、注射注射、脾臓摘出手術。
8割はこの中の治療法で治るみたいだけど、2割はどれも効果がなく助からない...。もちろん8割のなかの1頭でいてほしいし、そうだとおもっているけど、余計なことを考えちゃって...
まだしばらくは入院しながらの治療です。
入院中はいくつかの薬を組み合わせて、どれがりおに効果的なのかを調べながら治療していくそうです。
りおの体にあうお薬が早く見つかります様に